ネガティブ感情とふわ氣功

サン治療院

0438-22-3373

〒292-0067 千葉県木更津市中央1-2-18

営業時間:11:00~21:00

サンブログ

2018/03/26 ネガティブ感情とふわ氣功

こんにちは。

 

今回は、ネガティブ感情とふわ氣功について

お話します。

 

私の場合は、主に怖れの感情をよく体験します。

 

いままで沢山の恐れを体験してきて、

今思うことは、

 

その怖れは、私の魂の強さを引き出すために

出てきてるということです。

 

宇宙に意味のないものはありません。

この世に何も不必要なものもありません。

 

怖れのような、ネガティブな感情にも価値があります。

怖れは自分の強さを引き出すためのツール

であり、それをうまく利用し使えばいいのだ、と今は思います。

 

怖れを感じた時、いったんは怖れと同化します。

それはこんな感じです。

私は怖れである(怖れとの同化現象)

その時は、確実に氣は出にくくなります。

 

次に、怖れを味わいつつ、

次のように切り替えます。

私は怖れを感じている。

私は怖れを感じているだけだ。

怖れを感じつつ、同化をやめて

怖れを感じる側に立つ、それが魂の強さを呼び出す方法です。

怖れより自分の方が上だという感覚です。

怖れよりも自分の方が一つ上にいるという感覚です。

その感覚を静観、と呼びます。

その時、その人からは氣が出ています。

 

エネルギーの法則というものがあります。

エネルギーはそれを感じると消える、という法則です。

ですから、恐れのエネルギーを感じて味わっているということは

同時にその怖れのエネルギーは片端から消えていくということです。

 

怖れとの同化を怖れの静観に切り替え、自分の強さを呼び出せた時

怖れに価値と宝が生まれます。

恐れているときこそ、強さを取り戻す絶好の機会なのです。

怖れを感じていられて、それを感じつつ

怖れのエネルギーが消えていくのを静観できる強さが

もうすでに、はじめから自分の中にあった、という体験を

通じた気づきが得られます。

そして、その体験に伴う喜び(自分の強さを引き出せた、成長したという喜び)

へと自然に移行します。

この時に、うれしい、を体験します。

実は、恐れと向き合うエネルギーが自分の中にあった、

これがわかると、ふふふっとうれしくなります。

こんなに怖れの対応できるようになっている

自分を誇りの思っていい、となり、自尊心が育ちます。

 

この強さこそ、私の本当の強さだった。

ついにそれが身に付き始めた、という喜びが出てきます。

怖れが出た時に必要なのは、

本当の強さを呼び覚ますことだったのです。

そのために怖れがあった。

この世に何一つ無駄なんのはないということがわかります。

 

さらに、ふわ氣功では基本イメージとして

”エネルギーの大海に浮かぶスポンジ感覚”をベースにしています。

人間とエネルギーは離れていない、

人間はエネルギーでできている、エネルギーそのもので

エネルギーと一体だということに意識を徐々に切り替えていきます。

わたし=エネルギーという感覚を育てる練習をすることで

すごく氣が出る状態になっていきます。

 

そうすることで、

未来への不安には、「大丈夫。」

過去への後悔には、「良かった。」

今この瞬間生かされていることに、「ありがとう。ありがたい。」

という口癖を使えるようになります。

 

そんな状態で、ふわっとゆるみ氣が自然に結果的に出てしまう方法が

ふわ氣功です。

 

赤嶺

 

 

 

 

 

 

 

サン治療院

所在地 〒292-0067 千葉県木更津市中央1-2-18

電話番号 0438-22-3373

営業時間 11:00~21:00

お休み 木曜日

 

TOP