ふわ氣功授業風景5月12日三つの秘密

サン治療院

0438-22-3373

〒292-0067 千葉県木更津市中央1-2-18

営業時間:11:00~21:00

サンブログ

2018/05/16 ふわ氣功授業風景5月12日三つの秘密

こんばんは。

 

今日は5月12日のふわ氣功の授業内容の一部をご紹介します。

 

今日は、ふわ氣功の3つの秘密を教えます。

 

一つめは、”感じる”能力を上げる方法です。

 

それは、ハートチャクラの活性、そしてエネルギーの大海呼吸(呼吸の秘密)です。

 

胸骨上をグーの片手でマッサージして、ふわっと胸腺上に片手をのせて

胸腺に意識を向けて感じながら、

 

「エネルギーの大海を吸って、エネルギーの大海を吐いている。」

この言葉と呼吸を合わせながら、3セットおこないます。

 

胸腺(ハートチャクラ)が活性化し、やさしい感覚になります。

エネルギーの大海(宇宙)の無条件の愛の流れを感じます。

氣の感性(氣感)がアップし、氣をより感じるようになります。

 

二つめは、脳幹(松果体&脳下垂体)の活性、脳の秘密です。

 

脳には、明確に何かを望むと、それを実現しようとする力が

初めから備わっています。

なので、ふわ氣功では、その脳の力を応用して、

次のような言葉を唱えて、脳を作動させています。

 

「私は知っている。そうなるように、望みます。」×3回

 

その言葉を時々唱えておくと、脳がふわ氣功をするときに

”知っている”状態を作り出してくれるようになります。

 

相手のことを”知っている”。

相手の氣の状態を”知っている”。

相手に必要な情報を”知っている”。

 

等々の状態に脳がしてくれようとします。

その時、脳幹の松果体&脳幹が働き、

必要な情報、メッセージが降りてきます。

これが直感、ひらめきと呼ばれるものです。

適切な対処とアドバイスができるようになります。

 

三つめは、エネルギーの流れとの同調、同調の秘密です。

 

生命、体、心、意識、すべてにはエネルギーの流れがあります。

 

流れには、波長、周波数、振動数があり、その流れに同調する

ことは可能です。

 

同調するために、次の言葉を時々唱えます。

 

「私は、同調を望みます。」×3

 

相手の振動数、周波数と同調したとき(これをふわ同調と呼んでいます)

癒しの現象が確実に起こります。

それをふわ氣功では、氣のつまり排出現象と呼んでいます。

 

以上の、感じる、知っている、同調の3つを

ふわ氣功で使うと、”わかる”という状態に入ります。

 

3つのわかるもの

 

①相手の氣のつまりのポイントがわかる

 

ふわっとしたふわ氣功手当てで触ると、どこにどんな状態で

氣のつまり(滞り)があるかが明確にわかります。

 

②相手の問題にしていることがわかる

 

ふわ氣功しながら少しお話をしていると

相手の方が何を問題だと思っているのかが明確にわかります。

 

③問題化解除のための対処とアドバイスがわかる

 

本当は起こっていることに何も問題がなかった

というニュートラルな位置まで行けるような対処と

アドバイスが、直感的にひらめくようになります。

 

以上、ふわ氣功の授業の一部紹介でした。

 

赤嶺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サン治療院

所在地 〒292-0067 千葉県木更津市中央1-2-18

電話番号 0438-22-3373

営業時間 11:00~21:00

お休み 木曜日、第2金曜日

 

TOP