マトリックスとソクラテス

サン治療院

0438-22-3373

〒292-0067 千葉県木更津市中央1-2-18

営業時間:11:00~21:00

サンブログ

2019/11/29 マトリックスとソクラテス

マトリックスとソクラテス
2019.11.29

 

こんばんは。
前回映画「マトリックス」について
ご紹介しましたが、今回はもうひとつ
の、私がポイントだと思っていること
をお話します。

マトリックスから自由になる方法の
ヒントは、物語の中盤、ネオが招かれて
訪ねていく、預言者オラクルの部屋にあります。

本当の意味で自由になるためにはどうすれば
いいのか、のヒントが隠されていた場所です。

部屋に入った時に後ろに看板が写ります。
それを見ながら、オラクルがネオに語るセリフが
こちらです。

オラクル: あの意味がわかる?ラテン語だけど。
「汝を知れ」って意味。

セリフ集の説明文には、「看板に書いてある
“know thyself”は、「デルフォイの信託」からの引用」、
とあります。

一般的には、「汝自身を知れ」、という有名な言葉で、これがヒントとして示されています。

これは、ギリシャのデルフォイ神殿に
書かれている言葉で、
ソクラテスが、信託を求めて
神殿に入ったら、この言葉が神殿に書いてあり、
ソクラテスはかみなりに打たれたようになり、
生涯の座右の銘にした言葉とされています。

「汝自身を知れ」について説明文、〜

「汝自身を知れ」とは、紀元前7世紀に活躍したギリシャの七賢人が、デルフォイの神殿に奉納した言葉で、神殿の前に掲げられていたとされています。ソクラテスがこの言葉を考え方の指針としていたということをプラトンが著作で表わしています。〜

マトリックスを破る方法は、この
「汝自身を知れ」、ということがヒントに
なってきます。
そうすると、ネオ(NEO)がワン(ONE)に
変化する、ということです。

わたしたちも、それをヒントにするなら、
ひとつの重要な問いかけが、自分を知る上で
大きな突破口になる、ということになります。

それはなにかというと、

「私とは何なのか?」

という問いかけを自分に対してする
ということ、です。

ここでは、最大の自問自答力を使うことが
試されます。

前回ご紹介したコラムには、
「自らをプログラムだと認識できる者だけが、
肉体的限界を超えることができる」
とありました。
つまり、自分をプログラムだと認識できる者が、マトリックスを破る、ということになります。

ネオは、マトリックスのラストでそれをやりました。”わかった”んですね。
だから、エージェントがプログラムのように見えて、マトリックスコードの色である緑色に見えたんです。だから、エージェントに勝てたんです。

自分とは誰なのか、が分かること、
が肝のようですね。

考えてみると、体の全機能は、なんらかのプログラムで生まれたときから動いています。
私の考えでは、体のプログラムの中枢は脳幹だろうということです。脳幹がプログラム通りに全身を機能させている。その脳幹も含めた機能そのものがプログラムだということです。ただ機能してるだけだから、よし悪しはありません。
例えば目は、見えるものが見えます。耳は、聞こえる通りに聞こえ、鼻はその通りに匂いがして、
舌は味がその通りに味わえます。五感を通じて、
全てプログラム通りの作動を私たちは体験しています。
そして、それはあくまで”自分が作動している”ということを
知ること、が重要です。
動いているのは外側の世界ではなく、あくまでも自分自身が動いているだけです。
外側の世界じゃなくて、自分というものを知ること。

極論を言えば、自分という存在も、周りの存在も、
全てプログラム通りに動いているだけ、ともいえると思います。
私自身、プログラムかも知れない、
と自問自答してみるといいです。
それじゃあ、何だか虚しい、と思うかもしれません。
過去の記憶、未来の期待、いま自分が信じていることすら、過去生から積み重ねてきた信念体系という名のプログラムである可能性が高いです。
これらから自由になる、という問いかけが、
私たちに突きつけられている、と私は感じます。

本当に自由になるには、スピリチュアルでは、よく、その瞬間瞬間を生きる練習したらいい
と言われています。

いまのいま生きていることの実感、
これだけはプログラムじゃない可能性があるよ、とスピリチュアルの重鎮の皆さんは見抜いているからだろうと思います。

昨日、というのはもうすでに記憶という名のプログラムとしてあるだけ、です。

明日、というのはくるかこないかわからないが、くるだろうと記憶されたプログラムです。

でも、今、だけは記憶ではありません。
プログラムじゃない瞬間が、プログラムとプログラムの間にあるのだと思います。
プログラムとプログラムの間にあるものは、私の考えでは、純粋な
エネルギーの状態なのではないか、と思います。

それが、今、ここ、として表現されているのだと思います。
今この瞬間に、現に生きている実感があるという、その認識作用が、マトリックスから自由になる方法であるようです。

とにかく、ソクラテスが出合った「汝自身を知れ」ということが、この「マトリックス」という映画の根底に流れている、と言えると思います。

「自分とは誰か?」は
質問の中で最高の質問です。
これからも、最高の質問を
自分に投げかけながら、
自問自答力を、磨いていきたいなと思います。

オラクルは、いまを生きる、ということを
こんな素敵な言葉で表現してます。
最後にそれを紹介します。

オラクル:一つヒントを
救世主であることは恋をするのと同じ
それは自分しか分からない
心と体すべてが実感するもの

 

 

サン治療院

所在地 〒292-0067 千葉県木更津市中央1-2-18

電話番号 0438-22-3373

営業時間 11:00~21:00

お休み 木曜日、第2金曜日

 

TOP